「メーター見な!」と凄まれてメーター見たとたんに追突なんてないといいけれど

スポンサーリンク
奥多摩じゃない山など奥多摩じゃない山など

2012年12月の撮影。どこで撮ったかすっかり忘れた看板。昭和な雰囲気の白バイにまたがってターミネーターみたいなサングラスをかけた隊員が「メーター見な!」と凄んでいます。「メ」の部分に穴が開いていますが、「メ」で間違いないと思います。「セーター見な!」「チーター見な!」「ヒーター見な!」「モーター見な!」「データー見な!」なんてことはないですよね。白バイ隊員に言われる筋合いのものではありません。
凄まれて思わずメーターを見る運転手も多いだろうけどその一瞬のスキに何が起こるかわからないのが交通事故のこわいところ。いまもこの看板があるかどうかわからないけれど「国民を脅すのか!」なんて追求があってもおかしくはない気がします。「メーター見てね!」ぐらいがいいんじゃないでしょうか。

白バイ隊員
タイヤずいぶん磨り減っているようですけどこんなもの?
よく見ると赤ライトの部分が左右とも四角く切り取られています。回転するかどうかはわからないけれど赤ランプ(警光灯というらしい)が点灯する仕掛けが施されているのは間違いありません。さすがにサイレン音は出ないと思います。
タイトルとURLをコピーしました