山手線内の最高峰、箱根山に登ってきました

スポンサーリンク
円玉峰(箱根山)奥多摩じゃない山など
『尾侯戸山苑圖』(平野知雄[原図] 皆園圭[写] 明治21年刊 国立国会図書館蔵)

山手線内の最高峰、箱根山に登ってきました。標高は44.6m。ただし、地理院地図で探ると箱根山の標高は42.6mです。DEM5Aという精度の高い航空レーザ測量による5mメッシュの数値標高モデルで算出されたものらしいんですが、まっ、なんらかの事情があるのでしょう。箱根山東尾根を登り、箱根山西尾根(どちらもテキトーな名付けです)を下りました。

箱根山へのルートはいろいろありますが、自宅から歩いて行ける箱根山南口をチョイス。箱根山南口と箱根山山頂の標高差は6.6m(44.6mとDEM5Aとの差。DEM5A同士の差は4.6m。以下同)ですが舐めてはいけません。箱根山東尾根の取り付きからの標高差は8.6m(6.6m)あります。つまり、登山口からちょと下り、ちょっと登り返しをこなしてから箱根山に取り付かなくてはならないのです。

箱根山は都立戸山公園の箱根山地区にあります。北緯35度42分13.32秒、東経139度42分48.63秒、東京都新宿区戸山二丁目です。椀をパカッと伏せたような山容に誘われて、数多くの登山者が訪れています。戸山公園は江戸時代の尾張藩徳川家の下屋敷時代に造園された廻遊式築山泉水庭「戸山荘」がルーツ。池を掘った残土で造成された築山「ぎょくえんぽう」が明治に陸軍戸山学校用地となった頃から「箱根山」と呼ばれるようになったということです。冒頭の絵の右上、てっぺんに赤い屋根の四阿みたいなのがある山が玉円峰です。

特筆すべきは、自己申告、無料で箱根山登頂の証明書を交付してもらえることです。メンドーな写真提示なんか必要ありません。「ください!」と頼めば「はいよ!」とくれるのです。しかも日付けは係員の自筆で記入されます。登頂の達成感があらためて湧き上がる一瞬です。

そんなこんなで以下、箱根山南口から箱根山東尾根を登り、箱根山から箱根山西尾根を下り、登頂証明書をいただくために戸山公園サービスセンターまで歩いた記録です。全行程約40分の山行でした。

『奥多摩尾根歩き』にも通常の尾根歩き記として掲載しています。気が向けばそちらもお読みください。

箱根山南口です。大久保道りに面しています。入口に向かって右隣は牛込警察署 戸山町地域安全センター(元交番)で大久保通りの向こう側は総務省統計局です。
テクテクと歩いて行くと三叉路に出会います。道迷いが怖いところですが、真ん中の道に「箱根山」と書かれた道標が立っていました。下り気味です。
次の「箱根山」で右折し、舗装路から外れます。緩く登っていきます。
箱根山です。
箱根山東尾根を登ります。
49段の階段を登り、箱根山の山頂に到着です。
山頂の様子。「これって密?」みたいな賑わいをみせるときもありました。
「標高44.6m」と彫られた石板が埋め込まれていました。アイスのハズレ棒みたいなのは北を示す石板で、鋲の打たれた石柱は何なのか謎です。三角点でも水準点でないようです。ひょっとして「箱根山の標高は44.6m」というのはこの石板が言い出しっぺなのでしょうか。
山頂のベンチの中央にはめ込まれた方位盤。昭和の香る東京タワーやサンシャイン60をはじめ、富士山を中央に奥多摩や丹沢山なんかも彫られています。いまは遠近ともにビルが林立して展望はあまりよくありません。
箱根山山頂を楽しみました。箱根山西尾根を下ります。
下ってきました。さて、「登頂証明書」をいただきに戸山公園サービスセンターに向かいます。
公園内をテキトーにブラブラ歩き、まずは明治道りを目指します。この道標は確か「箱根山西口」のものです。
明治通りを渡ります。正面は新宿コズミックスポーツセンターです。
新宿コズミックスポーツセンター横の新宿コズミック通りをテクテク歩きます。突き当たりのプレハブに戸山公園サービスセンターがありました。どうやら立て替え中の仮事務所のようです。
いただきました!「登頂証明書」(表)。ハガキ大です。
「登頂証明書」(裏)。写真はわたくしが歩かなかった箱根山北西尾根のようです。箱根山は3本の尾根を集めています。
「登頂証明書」といっしょにいただいだリーフレット『尾張戸山荘 今昔』の「戸山荘庭園今昔」より。「11」が箱根山で、白い点線内が戸山公園「箱根山地区」。左側が北です。
『尾張大納言殿下屋敷戸山荘全圖』(国立国会図書館藏)。上の「戸山荘庭園今昔」の元絵。大きな池や水路や滝みたいなものもつくられています。

箱根山の案内版のよると、戸山荘は寛文9年(1669)から工事を始めて20〜30年かけて元禄年間に完成したそう。面積は約44万9000平方メートルで、東京ドーム約10個弱分、卓球台約10万7000台分、山手線内の面積の約145分の1の広さです。かなり広いような気がします。今回はそんな広大な庭園に聳えていた箱根山(玉円峰)の登頂に成功しました。この経験を尾根歩きにしっかり活かしていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました