スンナワ尾根 -撤退-(その2の1)

今回はスンナワ尾根を登る予定でしたがダメでした。スンナワ尾根は後山川(うしろやまかわ)右岸にあるスンナワ沢という沢の左岸にある尾根で、天平尾根(でんでいろおね)の丹波天平の少し北1380m圏をてっぺんにして北東に延び、後山川に落ち込んでいます。名前はテキトーです。前回に登ったシンベイキ尾根のひとつ西にあります。
後山川右岸道を歩き、シンベイキ尾根を越えたまではよかったんですが、スンナワ沢手前の崩落で撤退を決めました。下巻きでなんとか崩落地に下りられそうですが対岸の続きの道は判然とせず、強めのみぞれが降るなか、濡れた落ち葉がへばりついた岩がちの15mほどの急降下です。わたくしの技量と体力では無理。撤退です。
崩落地からシンベイキ尾根の支尾根に取り付き、シンベイキ尾根を登りました。天平尾根からは道標に従って丹波小学校まで下りました。
ところでスンナワ沢やこれまで歩いた釜ノ沢やシンベイキ沢なんかの名前はネットや『奥多摩 登山詳細図(西編)』(吉備人出版 以下『詳細図』)によるものなのですが、正直なところなんかこうハッキリスッキリしないところがありました。全貌がよくわからいのです。そこでいろいろ地図を探したんですが、やっと見つけたのが『奥多摩 それを繞る山と渓と』(田島勝太郎 著 山と渓谷社 刊 1935年)の256ページ。「第二二図 小室川出合 保野瀬」の端っこにちょっとだけ沢や尾根の名前が記載されていました。読み取れる沢や尾根の名前は東から「カマノサワ」「ジンベイキオネ」「ジンベイキ沢」「スンナ沢」「アヒモサワ」。これらをこれまでのわたくしの表記に書き換えると「釜ノ沢」「シンベイキ尾根」「シンベイキ沢」「スンナワ沢」となり、最後の「アヒモサワ」は謎ですが、このあたりでアセモ沢という名前はネット上で散見されます。東京都水道局が発注した崩落地復旧工事の件名にも「丹波山分区(アセモ沢)崩壊地復旧工事」とありました。


<『奥多摩 それを繞る山と渓と』の「第二二図 小室川出合 保野瀬」の部分>

「ジンベイキ」か「シンベイキ」はこの際おいとくとして(ネットには「シンペイギ」という表記もありました)、悩ましいのは「第二二図」と『詳細図』では「シンベイキ尾根」と「シンベイキ沢」の位置関係が逆なことです。ホントーはどーなんでしょうか。よけいにややこしくなってしまいました。まあ、正直、わたくしはホントーのことなんてあまり興味はないんですが、後山川右岸の尾根や谷や沢の名前を網羅した地図はどこかにないものでしょうか。多分、あるんでしょうね。もう少し探してみます。
で、とりあえず名前や位置関係はこれまで通りにします。こんがらがる(わたくしが)ので。撤退です。とりあえず。

コース JR青梅線奥多摩駅→[START]親川バス停→(45分)高畑集落跡→(15分)後山集落跡→後山川右岸道→(2時間30分)釜ノ沢尾根を越え→(30分)シンベイキ尾根を越え→(20分)スンナワ尾根手前の崩落地→シンベイキ尾根支尾根→シンベイキ尾根→(2時間10分)天平尾根→(1時間10分)丹波山村立丹波小学校→(10分)[GOAL]丹波バス停→JR青梅線奥多摩駅
歩いた日

2020年4月5日(日)

※赤い線が歩いた軌跡です。ただ、正確無比なものではありません。あ〜、そ〜、このあたりを歩いたんだ、程度の参考にしてください。


JR青梅線奥多摩駅→[START]親川バス停→高畑集落跡→(1時間)後山集落跡→後山川右岸道→(1時間20分)釜ノ沢尾根を越え→(20分)シンベイキ尾根を越える地点


後山川右岸道は3度目。何度目でも、ない道はなく、崩落地は崩落地のままでかなりしんどいルートです。



おはようございます。奥多摩駅から約40分、親川(おやがわ)バス停に着きました。降りたのはわたくし一人。バスは乗客一人を乗せて去って行きました。

道路向かいのベンチでザックから杖や軍手、うす水色のタオルを引きずり出して正装に。悪路なのは目に見えているので背中とザックの間にピッケルを背負って出発します。

少し道を戻ってここから登山道へ。

高畑(たかはた)集落跡。1軒目と2軒目の廃屋の間に薄い踏み跡が延びていました。地形図の落滝(おちだき)方面への点線のようです。

高畑集落跡を通過します。

と思ったけれど尾根の上に祠の屋根が見えていたので立ち寄りました。2宇の祠が並んでいました。

親川バス停から約1時間、後山集落跡に到着。親川バス停からここまでのちょっと詳しい記録はこちら、もう少し詳しい記録はこちらからご覧いただけます。

写真中央、道標手前の崩れかけた階段から後山川右岸道に進みます。

そこそこはっきりした道を歩いたり、

まな板を傾けたような山肌をテキトーに歩きます。

よく見えませんが大崩落地の手前の小尾根に着きました。

これまでの2回の高巻きでかなりしんどい思いをしたので崩落地に近づかず、すぐに尾根を登ってみます。

そーとーな急登です。

登ってきました。

残置されたエンジンらしきものに到着。この先、前回は崩落地に寄りながら左上に登って行ったんですが、

今回はそのまま登ってきた尾根を辿ります。

いちばん手前の崩落のてっぺん。

シカやカモシカの食事でしょうか、細い木の皮が剥がされ小枝のてっぺんが刃物で切ったようにスパッと切断されています。

崩落地の向こうの向こうの尾根が前回に歩いたシンベイキ尾根です。

ズルズルザレザレの急登をテキトーにくの字くの字で登ります。

崩落地の対岸は広範囲に土色が広がっています。

登ってきました。

尾根をてっぺんまでは登らずトラバースして、

大崩落地を高巻きます。高巻き開始から50分ほどかかりました。

大崩落地の左岸です。急降下です。

下ってきました。

いったんテラス状になってまた急降下です。

急降下を始めて5分ほど下った赤杭のあるここ。ヒノキの右側に延びている道を進みます。

道?

カツラでしょうか。沢の主みたいな大きな木が立っていました。

前回に通過した小屋跡のかなり上を歩きます。

大小の石で埋まった釜ノ沢を渡ります。

釜ノ沢の上流方向。荒れ気味です。

沢を渡りテキトーに歩きます。

テキトーに歩きます。というかテキトーにしか歩けません。

滑り落ちないようにトラバースし、

前々回に歩いた釜ノ沢尾根の支尾根に到着です。下方を覗いたところ。あの右下あたりで自分の落とした岩で頭から流血するという難易度の高い技を決めました。

こちらは上方。

尾根を越え、先に進みます。

あまりに歩きづらいのでズルズルズー、と

道? に下りてきました。前回、シンベイキ尾根に向かったときに歩いた記憶があります。

やはりそうでした。丸刃ノコ刃が落ちています。あられが降り始めて濡れています。刃に落ちたあられはピョンピョンと跳ねていました。

釜ノ沢尾根を通過します。

道の名残でしょうか、筋が見えます。

シンベイキ沢が見えてきました。

沢床に下りました。沢の上流。少しですが水が流れています。

沢の下流。

左岸を這い上がります。道は完全になくなっています。

落ち葉を払いながらのトラバースです。

シンベイキ尾根の支尾根に乗りました。中央やや右あたりから登ってきました。ちょっと怖かったです。

沢床からはやめに高度を上げてあちらからトラバースしてくればもう少し楽だったかもしれません。前回はどうしたのか記憶にありません。

尾根を越え、先に進みます。

シンベイキ尾根に着きました。自宅で詰めてきたほうじ茶を一口飲みます。まだあられは降っています。傾けた顔であられが跳ねます。面白いのでもう一口飲みます。
 
<<トップページへ
次へ>