鳥屋戸尾根、(長沢背稜)、タワ尾根【後編】


ありがとう、隣人。ありがとう、一杯水避難小屋。
まず、三ツドッケ(天目山)に登って、長沢背稜をひたすら北西へ。酉谷山(とりだにやま)避難小屋を偵察してタワ尾根に突入だ。
コース 一杯水避難小屋→三ツドッケ→長沢背稜→酉谷山避難小屋→タワ尾根→東日原バス停→奥多摩駅
歩いた日 2014年11月(15日〜)16日
※赤い線が歩いた軌跡です。ただ、正確無比なものではありません。あ〜、そ〜、このあたりを歩いたんだ、程度の参考にしてください。


一杯水避難小屋〜三ツドッケ〜酉谷山避難小屋へ

長沢背稜は静かな道って聞いたことあるけど猿がうるさかったゾ!


おはようございます。木立の向こうに富士山。 小屋裏から三ツドッケに向かっています。

小屋を振り返る。優しい隣人は車を止めている東日原に下りていった。

朝日が当たるいろいろな山。

朝一番の急登はきつい。

道中。

登る。

朝日を浴びながら登る。

富士山。

三ツドッケ山頂に到着。山名標識が確認できただけで5枚あった。とても賑やか。一方、展望を遮る樹木はほぼなし。確信犯罪者が切り倒したらしい。

山頂の木。

山頂からの眺め。

山頂からの眺め。

山頂からの眺め。

山頂からの富士山。

山頂から西へ長沢背稜を歩く。

巻道との合流点。

合流点の道標。

ハナド岩の入り口。

ハナド岩より。

ハナド岩より富士山方向を望遠。

ハナド岩より。

ハナド岩より。

霜柱。

怖くない壊れた木橋。

怖い壊れていない木橋。

七跳(ななはね)尾根との分岐。

長沢背稜から南西方向を眺める。

突然、右の尾根の上ほうで奇声があがった。猿軍団だ。

いた。

猫背の猿。

快晴。2本の飛行機雲。先に進む。

怖い壊れていない木橋。

ねっ、かなり怖いでしょ。

渡り終えて先に進む。

酉谷山避難小屋の真上に到着。
 

 

<<トップページへ   <前へ(鳥屋戸尾根、(長沢背稜)、タワ尾根【前編】)   次へ>