真名井北稜、ウスバ尾根



真名井北稜2〜赤杭尾根と合流〜川苔山〜足毛岩の肩

しもうた、足毛岩の肩に到着。


ズリンズリンと登ってきました。

ウキウキする尾根です。

雑木尾根も好き。

けれど、きつい坂だ。

どうして撮ったか忘れた写真。多分、きつい斜面を撮りたかったんだと思う。ぜんぜん、きつく見えないけど。

ひーこらひーこら滑りながら登り、登りながら滑っていると……、ん? あれは階段じゃないですか。

階段にたどり着いた。こんな階段は初めて見た。樹脂パネルを立てて杭を刺す、という単純な構造だけど杭さえ十分な長さがあれば長持ちしそう。

ねっ、きつい斜面でしょ。

滑りながら登っていきます。

歩きます。当たり前か。

あれは本仁田山かなあ。

「山」と彫られた石柱。慎重に下りていきます。

左右はそこそこ切れ落ちています。

見たことあるようなないようなマークが彫られた石柱。

こんな尾根を歩く。

こんな尾根を歩く。気持ちいいです。

岩が出てきた。

コツコツ、ゴツゴツ登る。

慎重に!

尾根のS字カーブ。

ここもよく見るとS字カーブになっている。

赤杭尾根に合流です。

あっちから登ってきました。

川苔山を目指して尾根を登る。

この坂はいつもつらいです。

ちょっぴりスリリングな尾根筋。

左は川苔山、右は日向沢ノ峰方面。

正面に川苔山が見えた。

川苔山(川乗山)の山頂に到着。

美しい山並みが見えた。

南アルプスが見えていた(と思う)。

お昼ご飯を食べました。おにぎり2個(鮭とおかか)とミニチキンラーメンです。おいしいです。

食後の紅茶。アールグレーです。薄〜くなるまでガブガブ何杯も飲みました。

茶腹が張りました。出発します。ウスバ乗越方面をキリッと眺めます。

滑りやすい坂を下りていきます。

何気に撮影したトラロープ。重大な意味があることは後に知ることになる。後悔先に立たず、なのである。

川苔山を振り返る。

尾根を下る。

マツボックリがたくさん落ちていた場所。

足毛岩の肩に到着。ん? 何で? 地図を出す。しもうた。完全に間違いました。どうやら先ほどというか、そこそこ前に通過したトラロープの先がウスバ乗越だ。どうするか。引き返す、道標の差す右へ進んでウスバ尾根はあきらめる、「通行できません」のトラロープの先へ進んでウスバ乗越を目指す、の3つの選択肢がある。ちょっと思案してトラロープをくぐることにした。『山と高原地図』では点線ルートだ。どんな道か歩いてみたいじゃないですか。もちろん、危険なら引き返します。

ついでといっちゃあなんですが、道標の向こうに行ってみた。スッパリと崖でした。
 

 

<<トップページへ   <前へ   次へ>