真名井北稜、ウスバ尾根


真名井北陵(まないほくりょう)。とてもかっこいい名前だ。しかも東西にスッと伸びやかだ。『山と高原地図』ではほぼ水平に名前が印刷されている。じっくり地図を眺めてみたけれど、尾根の名称で真名井北陵ほどの水平っぷりは見つからなかった。今回はこのかっこよく伸びやかな尾根を歩きます。
川井駅→真名井橋→真名井北稜→真名井沢ノ頭→赤杭(あかぐな)尾根と合流→川苔(かわのり)山→ウスバ乗越(のっこし)→ウスバ尾根→林道川乗線→川乗バス停→奥多摩駅。これは当初の予定。川苔山から先でとても大変な事態が待っていた。というか、大変な事態に突っ込んでいってしまった。結局、下記の「コース」のように歩くことになった顛末をご笑覧ください。決してマネはしないでください。誰がするか!
コース 川井駅→真名井橋→真名井北稜→赤杭尾根と合流→川苔山→足毛岩の肩→ウスバ乗越→ウスバ尾根→ウスバ乗越→大ダワ→鳩ノ巣駅
歩いた日 2015年1月11日
※赤い線が歩いた軌跡です。ただ、正確無比なものではありません。あ〜、そ〜、このあたりを歩いたんだ、程度の参考にしてください。


川井駅〜真名井橋〜真名井北稜1

川井駅から登山口までの車道歩きは長い。けれど川沿いを上流に向かっててくてく歩くのは楽しい。


おはようございます。
川井駅に到着しました。朝日に遠くの山が焼けていました。

川井駅から階段を下りてこの大正橋を渡ってすぐ右へ、都道202号線(上成木[かみなるき]川井線)を歩く。
天地尾根(仮)を歩いたときに壊してしまい(厳密にいえば尾根に着くはるか前だけど)、修理に出していたPowerShotが戻ってきた。今回から復活です。

道中。画面中央は月。

こんな道を歩く。

朝焼けの鉄塔。

手厚く守られている石仏たち。

馬頭観音。

道中。

道中の集落の様子。

バスならここが最寄りらしい。

真名井橋。これを渡る。

橋から上流方向を見る。

橋を渡って直進だ。

林道真名井線を歩く。

少し歩くと、むむっ、な道が出現した。

これが目印。さあ、登ります。

くの字くの字で山腹を登ります。

尾根筋が見えてきた。

木立の向こう。

素敵な道です。

38号鉄塔に到着。

鉄塔からの眺め。

尾根らしい尾根だ。

尾根の上の木は伐採されていた。

赤杭尾根かなあ。

ちょっぴりスリリングな尾根。

地面の様子。

枯葉。

41号鉄塔に到着した。真名井北陵の前半は鉄塔をつなぐように歩く。

鉄塔をくぐってあの木立の中へ潜り込んでいく。

楽しい尾根歩き。

道中の山並み。

ちょっと岩もある。

これでもか! っていうマーク。

そのマークの近くにあった餌台のような設備。

反対側から。なんでしょう?

これが近くを歩く最後の鉄塔だった。

踏み跡? みたいな道を進む。

さようなら、鉄塔。

ススキ原に出た。

気持ちいい場所です。

もったいないんでゆっくり歩きます。

ススキ原と植林帯の境目を歩きます。

斜面がとても急なので寝転がりません。ちくちく痛いしね。

ここの風景は前半のハイライトでした。
 

 

<<トップページへ   次へ>