ウスバ尾根、杉ノ尾根



杉ノ尾根〜鳩ノ巣駅

杉ノ尾根はしっかりした道が続く快適な尾根でした。


右に見える尾根筋を歩く。

こんな感じの道が続く。

幾重にも重なる山並み。

杉ノ尾根だけれどもヒノキがずいぶん多い。

何本も道があるけれどずっと先で合流する。

べキッという感じで折れた枝がぶら下がっていた。

道標は右を指しているけれど尾根筋をまっすぐ歩いてみる。
写真を取り忘れたけれど、この先はなだらかなスキーのゲレンデみたいなとても不思議な場所だったような薄〜い記憶がある。機会があったら確認します。

ということで(?)、道標が指した道に復帰すべく、途中から斜面を下る。

合流。

「かかり木」。

1本だけ目立つ松(?)。

道中。この白テープの意味が気になる。

よく手入れされた林。

てくてく下る。

立派な道標が見えた。

コブタカ山まで1.4kmですと。もっと歩いた気がするんだけど。

シュッとした感じの尾根を歩く。

こんな道もある。ここは右に曲がらず正面の尾根筋をなぞる。

なにやらリスキーな雰囲気だ。

左下に林道が見えるけどやっぱりリスキーな雰囲気。

林道の曲がり角が見えました。尾根歩きは終了です。

大根(おおね)ノ山ノ神。

前回はヘッドランプで歩いた道だ。

石ゴロゴロで歩きやすくはない。

熊野神社方向しか歩いたことがないので「観光トイレはこの先にあります!」方向に行くことにした。

こんな道。

棚沢の集落が見えてきた。

下りてきました。

そういえば観光トイレはどこかと探すと、この右の坂を登って、

広場の向こうの白い建物がトイレでした。

「おつかれさま」の道標。ありがとうございます。
なんだかだまし絵みたいなお家です。

踏切を渡ります。

鳩ノ巣駅。

電車がホームに入ってきました。

今回は一人反省会のため途中下車。ビールの小瓶と焼酎を飲み、肴はキャベツと南蛮漬け。おいしゅうございました。では、また。
 
お読みいただき、ありがとうございました。

 

<<トップページへ   <前へ