ウスバ尾根、杉ノ尾根



ウスバ尾根2〜ウスバ乗越〜ウスバ尾根3

ウスバ尾根歩きました! いやあ、迷いやすいです。 ご注意を! って私だけ?


ずんずん下ります。

こんな場所も。軽快に下ります。

画面中央の左下はワイヤーの巻きです。ここをワイヤー広場と名付けます。

薄い踏み跡をたどって下ります。

ここがポイント。右の方に行きたくなるけれど(実際、ごく薄い踏み跡は右の方にある)、ウスバ尾根は左だ。


こっちの右方向じゃなく、


こっちの左方向です。

この右に見える道は登るときに間違ったルートだ。左の写真の場所からほんの少し左(谷側)に進んで尾根側を振り返ってみた写真。
ここで登ってきたときのルートとつながったので引き返すことにした。
以下は引き返すときに撮影した写真です。

引き返します。ワイヤー広場です。

尾根筋を歩きます。

かなりきつい斜面もあった。

懸命に登る。

踏み跡は微妙だけどあるにはある。

再び緑のマーク。

登りに

登る。

ここが迷いやすい広場みたいな場所を下り方向から見たところ。

なんとなく明るくなった。

何度も歩いてこの道は覚えました。

ウスバ乗越の道標だ。

この道標の先がウスバ尾根の続きだ。登ります。

木立の向こうの尾根。

これも木立の向こうの尾根。

あれは鳥屋戸尾根? 違いますか?

これはトゲトゲでとても危険。

岩だ。ザグリザグリと登る。

急な坂もある。

振り返る。急。

こういう尾根はなごみます。

ゆっくり歩きます。

空が広がった。

ゴールテープのようにトラロープが見えた。

川苔山から伸びる尾根から登ってきた方向を見る。やはりここは前回(真名井北陵、ウスバ尾根)になんとなく気になったトラロープだった。
 

 

<<トップページへ   <前へ   次へ>