倉沢見通尾根、ヨコスズ尾根、棒杭尾根


きょうは1日で3つの尾根を歩くという、「お前、大丈夫か!」的な山行。ヨコスズ尾根はビッシと実線ルートだが、先に歩く倉沢見通(くらさわみとおし)尾根は無線、後で歩く棒杭(ぼうくい)尾根は点線だ。この3点盛りはそれぞれの踏み応えがあって、とても楽しかったゾ! しんどかったけど。
コース 奥多摩駅→倉沢バス停→倉沢のヒノキ→倉沢見通尾根→滝入(たきいり)ノ峰→ヨコスズ尾根→一杯水避難小屋→棒杭尾根→林道倉沢線→倉沢バス停→大沢バス停
歩いた日 2014年11月3日
※赤い線が歩いた軌跡です。ただ、正確無比なものではありません。あ〜、そ〜、このあたりを歩いたんだ、程度の参考にしてください。



おはようございます。私、登山口までバスに乗るのは初めて。これまではバス代をケチるため、できるだけJRの最寄り駅から歩いていた。
でも、今日はちょっとコースタイム的に不確定要素が多いのでバスを選択。話には聞いていたが、えらいこっちゃの人出。ところが臨時バスが出ることになって余裕で着席できた。ラッキー、ってこれは普通のことなのだろうか。軽井沢ショッピングモールのサービスタイムみたいに。あれっていつもやってるんだよね。

倉沢バス停で下車。あれだけ乗っていたのにここで下りたのは私ひとり。

了解。先に進む。

鉱山が見えた。

倉沢のヒノキへの登り口。まずは階段を登る。

道中。鉱山がよく見える。

こんな道を歩く。

小さな道標通りに左に進む。

これは進行方向反対側の尾根。ざっくりと谷に向かって切れ落ちていた。

石垣が見えてきた。

正面が倉沢のヒノキ。右は廃村になった倉沢の集落に続く道らしい。

倉沢のヒノキ。

倉沢のヒノキ。

倉沢のヒノキ。

大きい。とても大きい。

根も猛々しい。大きな岩をがっつり抱え込んでいる。

お賽銭もある。

やっぱり大きい。

東京都教育委員会の看板。ヒノキは「火の木」だったのか。

倉沢の集落に続くらしい道。きょうは行かない。

 

 

<<トップページへ   次へ>